2008年01月

鉄道・バスメインですが、雑記帖みたいな感じです。写真はクリックすると別のウィンドウで大きなものが開きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
天気:雨

今日、会社から帰ると、2つの小包が届いていました。
1つは、amazonで購入した商品、
タッチ・デ・ウノー!DSタッチ・デ・ウノー!DS
(2007/06/21)
Nintendo DS

商品詳細を見る

NHK テレビ 中国語会話 2008年 02月号 [雑誌]NHK テレビ 中国語会話 2008年 02月号 [雑誌]
(2008/01/18)
不明

商品詳細を見る

chai Presents! ペッパー警部chai Presents! ペッパー警部
(2006/04/05)
西遊妹妹

商品詳細を見る

もう1つは、中華雑貨アニーで購入した、こんなCD。。。
08012801.jpg

。。。トールケース(DVDサイズ)のものが5枚中4枚を占めておりますが、
あくまでCDです。全て、a1.jpgさんのもの。
NHK中国語会話のオープニングで歌声を聞いて、
amazon等を探してみましたが、現在のところ中国での発売のみ。
ネットで探してみると結構あるのですが、、、。

それはともかく、さっそくデータ化してmp3プレイヤーに落としております。
。。。CDデータベースでは中国の文字で登録されているので、
パソコンでは表示されますが、mp3プレイヤーでは文字化け必至。
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
天気:雨

会社から車で帰っている途中、九条河原町の交差点で
信号待ちをしていたときのこと。

交差点を曲がってくる京都市バスの小型バスが、、、
「ここってバス、走ってたっけ?」
と疑問に思う私の横を、84系統太秦天神川行きは通り過ぎていきました。

。。。そっか、九条河原町から太秦天神川は220円でいけたんだ。。。
blogram投票ボタン
天気:小雨

今日NHKのニュースを見ていたら、
中国の検索エンジンを提供する会社 百度(baidu) が日本進出
と報じていました。
百度の海外進出は日本が初めてだそうです。

実は、以前に私、百度を使ったことがあります。
、、、まったくの偶然ですけどね。
でも、その検索でも、音楽ファイルの検索が最初にヒットする辺り、
音楽ファイル検索を日本では当面提供しないというのは、
妥当というか、正しい選択といえるかもしれません。

前ソニー会長の出井氏を社外取締役に招く以上は、
下手なことはできないでしょうし。。。

あ、ちなみに検索していたのは、張韶涵さんの
潘朶拉というCDに入っている、香水百合という曲です。
2007年度のNHK中国語会話(TVの方)のオープニング曲です。
日本では発売されていないので、中国から取り寄せるしかない、、、。

※この記事の一部の文字は中国の簡体字のため、
  文字化け等を避けるために画像にしてあります。あしからず。

blogram投票ボタン
天気:曇り 時々 小雨

今日会社から帰ってきたら、Willcom(PHS)から封書が届いていました。
内容は、利用料金明細書、つまり請求書でした。
他の携帯電話会社は、使ったことがないので分かりませんが、
Willcomに関してはこの手紙の中にチラシが入ってきます。

今回そのチラシを見たところこんなことが書いてありました。

これからは ドコモ・auのお友達とも
メールで絵文字が使えます

なぜにSoftbankを外す (^-^;)
それとも実際はできるけど書いていないとか、無視しているとか。。。
(注:嘘です。Softbankについても今春開始とのことです。)

この文章につづいて、
近日中に絵文字変換サービス開始、
各社の対応絵文字に変換して送受信できます。

、、、「近日中」ってあーた、と突っ込みたくなる今日この頃。
公式ホームページのプレスリリースを見れば分かるのですが。

ちなみに、スマートフォンに関してはAdvanced/W-ZERO3
(WS011SH)のみとのこと。うーん、残念。

株式会社Willcom の プレスリリース

blogram投票ボタン
天気:まだ夜なので分からないけど雨はふっていない

京阪の踏切訪問を昨年末からしていて気になったのですが、
・高田図子踏切(藤森駅~墨染駅)
・呂ノ図子踏切(伏見桃山駅~中書島駅)
・さぬき図子踏切(伏見桃山駅~中書島駅)
と、「○○図子」という名前の踏切が幾つかありました。

偶然一致とは考えにくく、『図子』について検索してみました。

最初に目に留まったのは、奈良県立奈良図書館のページでした。
奈良県立奈良図書館報「うんてい」No.71 P5
> 奈良に特徴的な「辻子」という地名は単なる「辻」の意味ではなく、
> 「町通」(まちどおり)という意味で使われており、
> もともと京都の町のなかで生まれたものです。
> 地域によっては「図子」「厨子」「途子」などの字をあてる場合がありますが、
> その多くは1町内外の短い道のことを意味します。

このページでは京都のことについてまでは詳細にわからないので、
京都も絡めて調べてみました。

行き着いたのは、さすがというべきかWikipediaでした。
Wikipedia「京都市内の通り」
> このように、京都における路地はきわめて内部的なもので、
> 部外者の通行が自由である通りとは画然とした区別がある。
 (中略)
> 袋小路の路地の突き当たりを貫通させ、
> 通路として開放したものを図子(ずし、辻子とも表記する)と呼ぶ。
> 路地と異なり、一般の通り抜けが認められている。

うーん、そういう意味だったんですね。スッキリ。
blogram投票ボタン
No.035
<表町踏切>
第1種踏切
車両通行可
表町踏切

列車が京阪中書島駅を出て竹田街道をオーバクロスした所に
あります。
踏切周辺の道路が複雑になっており、
上記写真の撮影している右下側への直進の道路は
双方通行なのですが、中書島駅からこの踏切まで
(写真左下の方への道路)は駅からこの踏切へ向かう一方通行、
また、この踏切の向こう側は写真奥の方へ向かう一方通行です。
写真奥の方へそのまま進むと再び竹田街道へ合流できます。
(訪問日:2008/01/19)


大きな地図で見る

blogram投票ボタン
No.034
<柿ノ木浜南踏切>
第1種踏切
車両通行可
柿ノ木浜南踏切

名前は似ていますが、柿ノ木浜北踏切とは少し離れています。
季節によっては十石舟が運行されている、
(琵琶湖)疎水派流沿いにあります。
踏切があるほうの道路は、踏切直前で急に盛り上がり、
踏切と高さをあわせていますが、
対岸の方は高さを変えることもなく、そのまま京阪を
くぐっています。その部分は高さ制限が1.6mと、
普通に歩いているだけでもあたりそうな高さになっています。
(訪問日:2008/01/19)

柿ノ木浜南踏切対岸の
高さ制限標識。
柿ノ木浜南踏切は、
写真左端にあります。
柿ノ木浜南踏切周辺


大きな地図で見る

blogram投票ボタン
No.033
<柿ノ木浜北踏切>
第1種踏切
車両通行可
柿ノ木浜北踏切

新町踏切と近接している踏切です。
走行している列車が二つの踏切を同時に
通過している状況となります。
その距離は、立石踏切・両替町踏切よりさらに短いです。
(訪問日:2008/01/19)

右;No.032
<新町踏切>

左;No.033
<柿ノ木浜北踏切>
新町踏切と柿ノ木浜北踏切


大きな地図で見る
blogram投票ボタン
No.032
<新町踏切>
第1種踏切
車両通行可
新町踏切

柿ノ木浜北踏切と近接している踏切です。
走行している列車が二つの踏切を同時に
通過している状況となります。
その距離は、立石踏切・両替町踏切よりさらに短いです。
(訪問日:2008/01/19)

右;No.032
<新町踏切>

左;No.033
<柿ノ木浜北踏切>
新町踏切と柿ノ木浜北踏切


大きな地図で見る

blogram投票ボタン
No.031
<さぬき図子踏切>
第1種踏切
車両通行可
さぬき図子踏切

写真のとおり非常に狭いですが、車両通行可です。
たぶん、大型車は通行できないでしょう。
人の利用も結構あるようです。
(訪問日:2008/01/19)


大きな地図で見る

blogram投票ボタン
No.030
<両替町踏切>
第1種踏切
車両通行可
両替町踏切

立石踏切と近接している踏切です。
走行している列車が二つの踏切を同時に
通過している状況となります。
(訪問日:2008/01/19)


大きな地図で見る

blogram投票ボタン
No.029
<立石踏切>
第1種踏切
車両通行可
立石踏切

両替町踏切と近接している踏切です。
走行している列車が二つの踏切を同時に
通過している状況となります。
(訪問日:2008/01/19)


大きな地図で見る

blogram投票ボタン
No.028
<呂ノ図子踏切>
第1種踏切
車両通行可
呂ノ図子踏切

自動車の通行は可能みたいですが、
路地のような感じがする踏切です。
(訪問日:2008/01/19)


大きな地図で見る

blogram投票ボタン
No.027
<大阪町踏切>
第1種踏切
車両通行可
大阪町

一つ隣の大手筋踏切が通行できない時間があるためか
非常に車両の通行量が多い踏切です。
この周辺の踏切同様、道路幅が狭いのが玉に瑕ですが。
(訪問日:2008/01/19)


大きな地図で見る

blogram投票ボタン
No.026
<大手筋踏切>
第1種踏切
車両通行可
※大手筋商店街は
12時から20時まで
車両通行禁止です。
大手筋踏切

京都市伏見区で最大ともいえる商店街、大手筋商店街の
入り口にある踏切です。
京阪の線路からすぐ西側に商店街があるため、
京阪より東側にある近鉄桃山御陵前駅などから来る人は
この踏切を通るため、いつも通過待ちをしている人で
ごった返しています。
(訪問日:2008/01/19)


より大きな地図で 京阪電気鉄道 本線 踏切一覧 を表示

blogram投票ボタン
天気 : 曇り?

※今日の写真は全て130万画素で撮影しております。
  そのため画像が少し荒くなっております。ご了承ください。

会社を夜8時過ぎに出た後、いつもなら利用する京阪伏見桃山を通り過ぎ、
近鉄桃山御陵前へ。
向かうは今日開業した京都市営地下鉄東西線二条~太秦天神川。
そのため、桃山御陵前 → 竹田 → 烏丸御池と経由し東西線に乗車、
太秦天神川駅へ向かいました。

08011601.jpg08011602.jpg
地下鉄太秦天神川駅と、
太秦天神川駅前停留所

太秦天神川到着後、改札を出てふと見上げるとバスロケの画面が。
すると今日新設された70系統がまもなく「来る」ことがわかり、
あわててバス乗り場へ。間に合わないかと思いましたが、
あくまで到着の表示で、太秦天神川駅前が始発だったので、
余裕で間に合いました。
。。。逆に余裕過ぎて、待っている8分ほどの間
めちゃめちゃ寒かったですが、、、。

08011603.jpg08011604.jpg
太秦天神川駅前にて桂駅東口にて

70号系統の区間では、太秦小学校前辺りがおつです(^^;

さて、桂駅東口に到着した後、どうやって帰ろうか考えましたが、
やはり阪急に乗るのはあれなので(^^; バスで帰ることに。
69号系統の最終とか興味がありましたがスルーし、
33号系統の最終で京都駅へ向かうことに。
(後ろに京阪京都交通が着ましたが、今回は市バスで。)

しかし、今日一番驚いたのはこれ。
08011605.jpg

そうきましたか。。。
市街地の形に忠実なのは分かりやすいですが、
208号系統の縦と横の密集度合いの違いはなんとも。。。
blogram投票ボタン
天気:何やったっけ?

今日の晩ご飯は今季初の粕汁でした!

撮影:自宅の台所

※この写真は130万画素のため、
  通常より画質が荒いです。

私の家で作る粕汁は出汁で調整はしますが、
味噌はまったく入れないので汁は真っ白。
子供のときは苦手でしたが、
これを食べないと冬になった気がしません。
昔はもっと早く食卓に並んだんですが、、、。
でも食卓に登場するのが遅くなったことと、
温暖化とはほとんど関連はありません。念のため。

blogram投票ボタン
天気:晴れ

いつも聞いているネットラジオ『つボイ楽耳王』にアシスタントとして
出演されている巽理絵さんのブログ「たつみんのあたって砕けてまたあたる」で
紹介されていたKIZASI.jpラボの『MyBoo ベータ版』を試してみました。

結果は、
 清く、かしこまっている感じ がブログににじみ出てます。
 話題に関しては 電車 について多く書かれているみたいです。

嬉しやら、恥ずかしいやら。(//▽//)



blogram投票ボタン
天気:曇り 時々 小雨

西九条に出かけた後は、京阪で三条へ。
毎年恒例となっている、高校時代のクラブの新年会へ。
例年は2日開催ですが、今年は3日に。

。。。
その帰りに見かけたもの2つ。

急行淀行き。
淀はもともと京都競馬開催時の
臨時停車のみのため通常は通過。
以前の淀発の急行は、樟葉までは
普通で樟葉から急行にして
対処していました。
撮影:京阪三条駅改札内
1900系1930F。
1919Fに変わって特急色となった
1900系。昼間時は普通も7連となり、
本線ではほとんどみかけない。
夜間ならではの光景。
撮影:京阪東福寺駅改札内

blogram投票ボタン
天気:曇り 時々小雨
(この項目は1月3日に後で移動します。)

ちょっと用事があって大阪の西九条に出かけたときのこと。
いつものように、京阪で京橋へ向かい、そこから環状線で西九条へ。

西九条の駅を降りて駅を左手(南)に歩いていくと
大きなシャッターがある変わった建物にぶち当たります。
実は、このシャッターは安治川トンネルの現在は使用されていない
車両用の出入り口。
写真真ん中の右寄りにある白い
建物が「安治川トンネル」
左手にある橋は阪神なんば線の
安治川橋梁。
大阪市此花区側で撮影。

沈埋工法という方法で日本では始めて作られたトンネルとのこと。
現在は上記のように自動車等は通行できず、横にある大型の
エレベーターで、自転車と歩行者のみが通行できます。
(エレベータは稼動時間が決まっており、それ以外は横の階段を
 使用することになります。)
実はこのトンネル、大阪に今でも現存する公営渡船の変わりになったもので、
事実、このトンネルの向こう側(大阪市西区)にある交差点は、
源兵衛渡という名前で、往時をしのぶことができます。

ちなみに、このトンネルは、大阪に現存する公営渡船8航路のうち
7つを担当している大阪市建設局が同様に管理しています。
(木津川渡のみ大阪市港湾局が管理)
他の渡し船同様、このトンネルも利用料は無料となっています。

blogram投票ボタン
新年明けましておめでとうございます。
今年も、公私とも、またオンライン・オフラインとも、
よろしくお願いいたします。

昨年に続きまして、激動の一年になりそうな予感。
blogram投票ボタン

 | Copyright © 鳩もすなる雑記帖 All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。