滋賀県内撮影旅行(その1-1;信楽前編)

鉄道・バスメインですが、雑記帖みたいな感じです。写真はクリックすると別のウィンドウで大きなものが開きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
天気:晴れ

友人のK.Tさんと一緒に滋賀県内の鉄道を回ることにしました。
長ーい1日となりましたので、信楽編・大津編・京都編と分けて書こうと思います。

(以下の行程のうち、◆がついている分が書かれています。)
09:37東福寺  京都   09:40 
09:51京都   草津   10:14(遅延)
10:17草津   貴生川  10:46 
10:51貴生川  信楽   11:15 
   その1-2;信楽後編
   その2;大津編
   その3;京都編

banner

昨日、南海汐見橋線に行った後、K.Tさんには私の実家で1泊していただき、
朝9時過ぎに信楽高原鐵道へ向かうことにしました。
京都駅で琵琶湖線を待っていたところ、行き先案内板にはこんな文字が

#JR京都駅2・3番線

湖西線の列車なので乗車はできませんでしたが、先に入線してきたので見てみると、
普通の223系でした。ちなみに京都駅まではもう少し長い列車でしたが、
京都駅からは4両編成と身軽になっていたようです。

さて、見送った後の電車が琵琶湖線なわけですが、アナウンスによると
宝塚線の踏み切り故障で遅れが出ているとのこと。
今日は行程を決めてあるわけでもないので、とりあえずくるのを待つことに。

結局、遅延は5分ほどで、なおかつ草津始発の草津線の列車も接続待ちしていたので、
事なきを得ました。
ただ、信楽高原鐵道も接続待ちかどうかはわからなかったので、
貴生川駅発の時刻を念のため確認して用心しました。
#貴生川駅
とかいいつつ、貴生川駅で近江鉄道の写真を取っていたりしますが。

列車に乗り込むと程なくして出発しました。
信楽高原鐵道といえば、どうしてもJRとの正面衝突事故が思い出されます。
今でも残る小野谷信号所跡付近にサミットがあり、山の登りと下りが変わります。
小野谷信号所は信楽高原鐵道のほぼ真ん中付近に位置しするのですが、
貴生川から見ると、ここを過ぎてしばらくするとあるのが1駅目紫香楽宮跡駅。
つまり、前半は貴生川駅しかなく、
後半に残りの紫香楽宮跡、雲井、勅旨、玉桂寺前、信楽があるような感じです。
(貴生川~信楽14.7kmに対して、貴生川~紫香楽宮跡が9.6km。
 ちなみに国鉄信楽線時代は紫香楽宮跡駅はなかったので、
 一駅目は雲井駅とさらに長く、距離も10.2kmありました。)

そんなこんなで、信楽駅へ。
迎えてくださる駅員さんは数人ですが、駅の中、駅の外にはたぬきがいっぱい。

↑上段・←中段
#信楽高原鐵道 信楽駅

↓下段
#信楽高原鐵道 信楽駅前

駅の中のたぬきの写真の次は乗ってきた列車が出て行くシーンを撮影することに。


信楽駅 列車
#信楽高原鐵道 信楽駅

見送った後、長居するとあれなんで改札をでました。
これで念願の滋賀県内全線完乗となりました。
滋賀県内は近江鉄道本線の八日市~貴生川に乗って以来の新規部分なので、
およそ10年ぶりとなります。
これで、びわこ京阪奈線計画(※)が実行されない限り、滋賀県は完乗です。

※びわこ京阪奈線計画
 旧名は「湖東・大阪線」。
 当時の滋賀県知事が京都を通らずに大阪へいくルートを模索。
 近江鉄道本線(米原~貴生川)の高速化と、信楽高原鐵道の電化・高速化をし、
 信楽からは新線をひき、片町線の木津周辺の駅に接続する計画。
 もともと国鉄信楽線は信楽から先、関西本線加茂までの計画だったが計画で
 終わっている。ただし、信楽~加茂は国鉄バス(→西日本JRバス)
 近城線として2002/09/30まで運行されていた。

信楽駅前でいろいろ撮影したり、信楽高原鐵道の車庫内を、
車庫の外から望遠で撮影したりした後、次の列車まで40分ほどあるので昼食に。
川魚のてんぷらがメインのようだったので、K.T氏は天ざる、私は天丼にしました。
列車の時間まであまり時間がなかったので、ゆっくりはできませんでしたが、
さっぱりとしておいしかったです。
出口付近では非常に涼しげなところで金魚が泳いでいました。
#駅前の食堂の入り口にて

駅前で、紫色の鮮やかなバスを発見。
#信楽高原鐵道 信楽駅前
信楽高原バス 陶芸の森行き
#信楽高原鐵道 信楽駅前
信楽高原バス 多羅尾行き

石山行きのバスを取り逃したものの、思わぬ収穫に喜ぶ私でした。 blogram投票ボタン
この記事へのコメント
貴生川~紫香楽宮跡間は距離が長かったですね。あと、意外に勾配がきつかったのにも驚きました。
2007/09/06(木) 23:29 | URL | K.T #-[ 編集]
さすが、高原鉄道だけはあります。
貴生川を出発すると小野谷信号所跡付近まで
直結のままではしっていましたもんね。
2007/09/15(土) 20:57 | URL | 鳩 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatoexpress.blog22.fc2.com/tb.php/261-13dde811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 鳩もすなる雑記帖 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。