コミュニティーバスやわた

鉄道・バスメインですが、雑記帖みたいな感じです。写真はクリックすると別のウィンドウで大きなものが開きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
天気:晴れ

人がいつも以上に歩いているところを通り抜け東福寺駅へ。
大阪方面行きホームは構造上、真ん中の少し前よりに人がたまりやすいので、
改札を抜けた後は先頭車両のほうへ向かい電車に乗りました。

目的地は樟葉。
目的は、八幡市のコミュニティーバスやわたの橋本寄りの区間に乗車すること。
後輩のちっちさんが同行してくれました。

無事に合流。
結果として樟葉からのるバスにちょうどいいタイミングで乗り継げたおかげで、
1時間に1本のコミュニティーバスに待つことなく乗ることができました。

最初は普通の路線バスで大芝まで向かい乗り継ぐことを考えましたが、
時間の関係で距離は短くなりますが男山泉から乗車することに。
ここはコミュニティと一般路線でバス停名が違い、
男山泉はコミュニティバスのバス停名(付近の交差点名です)で、
一般路線は少し手前に公園前という名前で存在しています。
2~3分歩いて連絡。 くずはからバスに乗って公園前で下車した場合は、
男山泉の交差点で左に曲がったところにあります。

ほどなくしてバスがやってきました。
乗り込むと先客はおじいさんが1名。1日乗車券での利用のようです。
われわれも購入。1枚300円で1日乗り放題となっています。
乗車料金は200円なので、2回乗るだけで元が取れます。

さてバスは泉で右折、八幡市のニュータウン地域である明野へと向かいます。
暫くはマンションが続きますが、徐々に一戸建てが増えてきて道も狭く、
坂が急になってきます。
交差点を曲がるときは3速から2速に落とすこともしばしば。
そうこうしているとこの路線の(我々的な)ハイライトである男山雄徳から先の地域に突入。
普通車にしたらなんのことはない?地域なのですが、
ポンチョとはいえバスが走るには離合が困難な場所もしばしばある路線で、かつ、
ポンチョのイタばねでは少々お尻が痛くなるようなアップダウンが多くなってきます。
見通しがあまりよくない角を曲がって走っていくと、京阪橋本変電所が見えてきて、
京阪のガードをくぐると終点の橋本東山本に着きます。

橋本東山本で折り返し待ちの
コミュニティーバスやわた用ポンチョ

。。。ちなみに行き先の方向幕は手動で、板の表裏を変えてダブルクリップで
固定という非常にシンプルな構造でした。
ここからは折り返しに乗るのではなく、橋本駅まで歩くことにしました。
。。。100円無駄になってしまいましたが。。。
常夜灯や道しるべが残っていることから、京街道の辺りのようです。
blogram投票ボタン
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatoexpress.blog22.fc2.com/tb.php/298-2322674c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 鳩もすなる雑記帖 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。