安治川トンネル

鉄道・バスメインですが、雑記帖みたいな感じです。写真はクリックすると別のウィンドウで大きなものが開きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
天気:曇り 時々小雨
(この項目は1月3日に後で移動します。)

ちょっと用事があって大阪の西九条に出かけたときのこと。
いつものように、京阪で京橋へ向かい、そこから環状線で西九条へ。

西九条の駅を降りて駅を左手(南)に歩いていくと
大きなシャッターがある変わった建物にぶち当たります。
実は、このシャッターは安治川トンネルの現在は使用されていない
車両用の出入り口。
写真真ん中の右寄りにある白い
建物が「安治川トンネル」
左手にある橋は阪神なんば線の
安治川橋梁。
大阪市此花区側で撮影。

沈埋工法という方法で日本では始めて作られたトンネルとのこと。
現在は上記のように自動車等は通行できず、横にある大型の
エレベーターで、自転車と歩行者のみが通行できます。
(エレベータは稼動時間が決まっており、それ以外は横の階段を
 使用することになります。)
実はこのトンネル、大阪に今でも現存する公営渡船の変わりになったもので、
事実、このトンネルの向こう側(大阪市西区)にある交差点は、
源兵衛渡という名前で、往時をしのぶことができます。

ちなみに、このトンネルは、大阪に現存する公営渡船8航路のうち
7つを担当している大阪市建設局が同様に管理しています。
(木津川渡のみ大阪市港湾局が管理)
他の渡し船同様、このトンネルも利用料は無料となっています。

blogram投票ボタン
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatoexpress.blog22.fc2.com/tb.php/331-20211813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 鳩もすなる雑記帖 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。