新潟から長野へ(1日目・その2)

鉄道・バスメインですが、雑記帖みたいな感じです。写真はクリックすると別のウィンドウで大きなものが開きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
天気:曇りのち、局所的に大雨

●上田電鉄 上田→別所温泉

長野から上田へ移動した後は、上田電鉄に乗車することに。
以前、上田交通別所線という名前でしたが、鉄道部門が分離されて以後
上田電鉄という社名になったこの会社。上田駅の高架ホームに発着します。
今回は、上田~別所温泉往復の切符と、別所温泉の外湯2軒に
入ることができる、「外湯入浴券つききっぷ」。この切符を握りしめ(?)
ホームで電車を待っていると、上越新幹線が通って行きました。
上田交通外湯入浴券つききっぷ 長野新幹線遠望

やってきた電車は、東急電鉄からやってきて8月1日から運行を開始した
1000系。まだ前面にサボをつけたままで走っていました。

●上田電鉄 別所温泉駅

上田駅は撮影できない構造だったので、別所温泉で電車から降りた後に
1000系を撮影しました。
上田交通ヘッドマーク(別所温泉口駅) 上田交通1000系(別所温泉口駅)

その別所温泉駅は現在絶賛改装中で、中には入れませんでしたが、
古いような新しいような、絶妙な感じになりそうでした。
上田交通別所温泉駅前にて 上田交通別所温泉駅前にて
上田交通別所温泉駅構内にて

別所温泉駅の少し上田駅よりにある喫茶店の横には、
現役を引退した丸窓電車ことモハ5250形が保存されています。
上田交通別所温泉駅構内にて モハ5250形(丸窓電車) モハ5250形(丸窓電車)

●別所温泉

別所温泉駅を出た後は、外湯に向かうことにしました。
じつは、今回利用している切符は外湯に2軒入ることができるのですが、
この切符で利用可能な外湯は大湯、大師湯、石湯の3軒あります。
別所温泉の温泉街は、Y字の道路に沿って開けており、
駅はYの一番下にあり、また、外湯は左側に大湯、
右側に残りの大師湯・石湯があります。帰る電車の時間の関係で、
どれくらいかかるか分からなかったので、1軒しかない左側をあきらめ、
右側にある大師湯へ別所温泉駅からタクシーで向かうことにしました。
。。。一瞬でつきましたが(^^;

大師湯 石湯
大師湯を出た後は続いて石湯へ向かい、はしごした後は、
ほてった体を覚ますため、北向観音へ向かうことにしました。
マンホール 北向観音の参道


より大きな地図で 別所温泉 を表示

●上田電鉄 別所温泉→上田

上田交通別所温泉駅前にて
別所温泉駅に戻った後、次の電車をまっていたところ、
まるまどりーむ号がやってきました。
まるまどりーむ号の丸窓 まるまどりーむ号(上田電鉄7200系)

なんとか、別所温泉駅に戻ってきたときは小雨くらいだったんですが、
上田駅へ向かっている途中から本当にバケツをひっくり返したような
土砂降り。大丈夫かいな?と思っていましたが無事上田駅に到着しました。

●しなの鉄道 上田→長野

上田駅から長野駅へ戻るためしなの鉄道を待っている間も、
雨はどんどん激しくなり、ホームにいても黄色の点字ブロック付近では
頭から雨を被るような状態。みんな後ろに下がっていました。
、、、でも下がりすぎると逆側からの雨に濡れるんですけどね。
しなの鉄道169系(上田駅) しなの鉄道169系(上田駅)

(長野 泊)

blogram投票ボタン
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatoexpress.blog22.fc2.com/tb.php/489-80249a4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 鳩もすなる雑記帖 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。