東北乗り鉄旅行 1日目 その5

鉄道・バスメインですが、雑記帖みたいな感じです。写真はクリックすると別のウィンドウで大きなものが開きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
天気:晴れ

一ノ関 → 盛 → 久慈 → 八戸 → ■
→ ■ → ■ → ■
→ ■ → ■ → ■

久慈駅に到着したものの、撮影もせず改札へ。
乗り継ぎの時間は7分あるので、普段だと撮影とかで時間を使うのですが、
今回は久慈駅の駅弁「うに弁当」ゲットに時間を使うことに。

数量限定で買えるかどうかわからない代物で、北リアス線の車内で、
私が買いにいく係、一緒のちっちさんが八戸線の列車に行く係と決め、
到着前に列車の出口に並ぶ私。

列車の到着は、駅本屋の向かい側のホームになるため、
階段を上って、降りて、改札を出て売場へ。
売場には3個あったので、2個購入し、八戸線の止まるホームへ。
再び階段を上って、降りて、列車に乗車しました。
、、、久慈駅って、駅本屋に面したホームがないんですね。。。

そんな、走って手に入れた駅弁がこちら。

10091841.jpg

ちなみに、この駅弁は、おじさんとおばさんが2人で手作りで
作られているそうで、写真ではありませんが、お弁当の本体(黒い箱)は
ラップでくるんでから、紙で包装してくれているので、
お弁当のふたとかは綺麗に持ち帰ることができます。

三陸鉄道久慈駅のホームページには、朝日新聞で紹介されたこの駅弁の
記事が掲載されていますので、参考までに。

三陸鉄道 久慈駅

この記事にも書いてある通り、白ご飯の上にウニが乗っており、
他には、薄切りのレモンと漬物だけの非常にシンプルなもの。
でも、ウニを堪能できる駅弁でした。




駅弁を楽しんだ後は、三陸海岸を眺めつつ、時折うつらうつら。
でも、陸中八木駅ではこんな光景が。

10091842.jpg

10091843.jpg

八戸線はこの陸中八木駅のあと、宿戸駅方面は大きく東へカーブしており、
入線してくる列車がこのタラコ色だとは分かっていたのですが、
ホームに出ている余裕はなく、車内からの撮影で断念。

# 只今、橋上。遂に青森県突入。 : posted at 13:55:52

岩手県一関市を朝6時に出て(途中宮城県を経由しましたが)、
約8時間かけてようやく青森県に突入。

鮫駅からは「うみねこレール八戸市内線」という愛称を持つ区間に入り、
列車のスピードも上がります。

陸奥湊駅では、陸中八木より余裕があったので離合を撮影。

10091844.jpg

10091845.jpg

とはいえ、怖いので乗降扉のすぐ近くでの撮影ですが。。。

本八戸からは貨物線と並走しつつ八戸へ到着となりました。

八戸駅では赤鬼もお出迎え。

10091846.jpg

blogram投票ボタン

タグ : 八戸線

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hatoexpress.blog22.fc2.com/tb.php/850-0c6046b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 鳩もすなる雑記帖 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。